内科について

内科について

初期診療を担う総合診療科を新設しようと言う動きが大きな病院の中にはあるが、
普及率と認知度は未だ低い。

 

現代日本の内科の看板を掲げると言うことは「とりあえず、明らかに外科領域でない限りどの部位の不調でも診ます」と言う意志表示とほぼ同義だと言ってよい。

 

その患者がどんな病気か分からない状態では検温、問診、様子観察と言った看護師が担う基本的な業務が、
その患者、院内にいる患者そして職員の命を守る要となる。

 

また、予防接種や健診の窓口になることが多く機材の扱いを覚える必要が高い科でもあるので、
求職の際にはその病院がどんなスキルを求めているかを確認したほうがよいかもしれませんね。。